デザートからお夕食まで!名古屋メシに今日ハマりまくっている俺だ

昔から味噌は白味噌、出し汁は関西風の昆布出し汁としていたぼくが、ついに国内の異教養にハマってしまいました。関東って関西にかけを割る地理にあって、独自の緩い赤味噌教養を展開する名古屋メシ…こういうフレーバーは、先ず明け暮れると病みつきになる恐ろしさを持っていたのです…!会社の発祥は小倉トーストでした。前もってあんこが下手くそで、和菓子的は一般「ダメ。」で通してきたのですが、大人になって、こういう小倉トーストなら旨いからと人物に勧められて食べてみたら、マーガリンとあんこういう絶妙な化合に驚異。以降、少しずつあんこういうフレーバーにも慣れ、あんこによるダイナゴンなどの名古屋スイーツも全く大好きとなりました。そうして、赤味噌による味噌カツに味噌煮込みうどん…二度と、これぞ名古屋メシの皇族と言っても過言ではない「ひつまぶし」!鰻を茶漬けで取るなんて、油でギトギトになるんじゃないの?としていた自分の感じを根本からぶち壊してくれる、ザックリとして、それでいて鰻のほどよい脂も遊べる食べ方に納得が落ちました。最初は食事に鰻でゼロ食卓、次に香味料をプラスしてゼロ食卓、最後に茶漬けとしてゼロ食卓…というバリエーションも、たいそう理にかなった食し方。ひつまぶしのもので、これからぼくは名古屋メシに白旗を上げました。独自の食教養を今に貫く名古屋型。これは、暮らしに一度は味わわないと、恐らく負債をしますよ。

ビービーメイクで簡単ダイエット