何方かに追われて掛かる女房を庇ったのだが

「劇場エディション動き戦士F91」の恰好続編が戯画家長谷川裕一ってガンダムの開山です富野由悠季原案でダレも知らないガンダムが今日始まる。

初版「動き戦士ガンダム」から50時期位たち、人々は押し寄せるコンペの合間に生じる平和な時代を満喫していた。

ただし、とあるコロニーではコスモ・バビロニアと呼ばれる貴族スタンスを復活させるためのコンペが終結したばっかりだった。

そうして、その裏で木星最寄りではガンダムによく似たモビルスーツによる海賊言動が問題になっていた。

あんなコロニーの外の状況レベル分かる筈も無い自力の少年トビアは木星に留学生という通う途中で1人の女児ベルナデットといったであう。

何方かに追われて掛かる女房を庇ったのだが、宇宙海賊に襲われて仕舞う。

木星のモビルスーツバタラに飛び乗りガンダムといった交戦するのだが、圧勝規格不一致の先ほどでは歯が立つ筈もなかった。

但し、ひょんなことから宇宙海賊クロスボーン・バンガードとして通じることになったトビアは木星圏の壮絶な特質を目にすることになる。

あまりにも過酷な環境に対応するために、木星の主導ヤツは感情を捨て去った勝利を通していただった!

そうして、木星の牙は地球へって……。

木星と地球圏。そうして、動き戦士F91のストーリから貫くロボットアクションストーリーを正邪体感してみては如何だろうか?気持ち良すぎる彼女の穴が電子コミックで読めます