原則ば個人が住めなくなっていたはずの都内

西暦2036世代。人は放射能にて栄華を極めた都内を脱ぎ捨てるしかなかった。

高濃度の放射線にて個人が住むことができなくなった都内に3人の女の子たちが警護ファッションもなしで歩いていた。

家内らは「コッペリオン」と呼ばれる遺伝子編集を通じて生まれた新しい時代の人だった。家内らは自衛隊特殊工科学院の教頭の指導により、都内に残された動向ヤツたちを救うべく廃墟となってしまった都内に仲間入り講じる。

原則ば個人が住めなくなっていたはずの都内だったが、都内で通じるクライアントになぞの会社が応援物質を送っていた。

はたしてダレが都内に住むクライアントに応援物質を送っているのか?

なぜ都内は死の町となってしまったのか。

コッペリオンと呼ばれる女の子らに攻める正体不明の軍隊。

なぞがなぞ叫ぶシリアスSFお話だ。

どうもショッキングな仕度ですが、登場する性分たちが悲壮感にくれていないのが何とも好感がもてる品物だ。

如何なる状況であろうとも、生きていく人間の力強さを感じさせて受け取る品物だ。

政治や外交などの細かな仕度もちゃんと練り込まれてあり。また、コッペリオンと呼ばれる女の子らの仕度も驚くほど緻密に描かれておる品物だ。

ダークなりがちな話を明るく、長所に描いてある品物なので案外読みやすいですよ!ビッチ!?が田舎にやってきたは画像だけでもエロい