大通りに面した運動公園

暑い夏場を越え、気持ち良い秋が来たのも束の間、日光が暮れるという本格的な寒さを感じさせる。冬場が来るという、木は裸として、見渡す風景から緑が消えてしまう。今日はやることも無い。せっかくの天気なので、緑豊かな当たり前を楽しむ今年最後のチャンスだと思い、都会から幾らか離れた在所へという愛車を走らせた。

その在所に自身は関係があるわけではない。一度学生時代の同僚という小旅行した際にはからずも通ったことがあるだけの通り、といえるほども弱い。そのまま田舎風景に大きな進路が一本通っているだけの方面です。

そういう大通りに面した運動公園がある。テニス着衣があり、大地があり、大きい面積が取り去ることができるからこその施設と見える。いつの在所にもいるような、平凡な施設です。

そういった平凡な施設の片隅に、ちっちゃな食堂がある。その食堂は窓側に腰掛けると一面に田舎風景がひろがり、その展望の向こうに海があり、海には小島が浮かんでいて、二度と先には平ら線が広がっている。何となくの風景です。こうした風景を見渡し、食堂が勧めている地産フィールド消の野菜や肉などに舌鼓を打っていると、モチベーションが安らいでくる。大通りに面しているため、それなりに車種が受かるが、寧ろそれが寂しさを捉えさせず、嬉しい道のりに勤める。

「ここにいらっしゃるのはこれで今年エンドか。」

まだまだ肌に寒さを感じながら時節がつき抜けることに寂しさを感じつつ、いつもの忙しさで溜まった心のしみが洗い流される。「またくる。」
そう言うといった、いつもそこを経営する老夫妻は笑顔で見送ってもらえる。

また来よう。また会いましょう。ジョモリーの口コミ